ホーム  >  住宅ローン審査に落ちたときにやるべきこと 再審査を受けたい方は若林住宅ローン無料相談所へ相談!

住宅ローン審査に落ちたときにやるべきこと 再審査を受けたい方は若林住宅ローン無料相談所へ相談!

金融機関ごとの住宅ローンの審査基準は明示されていないため、住宅ローン審査に落ちた原因がわからないという人もいるでしょう。しかし、住宅ローン審査でどのようなポイントをチェックしているのかを確認することで、なぜ住宅ローン審査に落ちたのかを推測することは可能です。こちらでは、住宅ローン審査に落ちた場合や、再審査を通過するための方法をご紹介します。

住宅ローン審査に落ちたときにやるべきこと

住宅ローン審査に落ちたときにやるべきこと

住宅ローン審査に一度落ちたという理由で、マイホームの購入を諦める必要はありません。再審査までに見直すことで、再審査を通過できる可能性があるためです。

金融機関に対して、住宅ローン審査に落ちた原因を問い合わせても回答してもらえません。そのため、主な3つのポイントをセルフチェックして、再審査までに修正しておきましょう。

提出した書類に誤りがないか

仮審査で書類を提出し、仮審査と本審査でそれぞれの提出書類に相違がある場合、もしくは書類そのものに不備がある場合は、住宅ローン審査を通過できない可能性があります。書類に記載した内容に虚偽や誤りがないかが重要です。金融機関が調査を行い、記載内容に誤りがあると審査を通過できない、もしくは書類の再提出を求められます。

借入れをしていないか

住宅ローン以外に新しく借金をした履歴や、借金の支払いの延滞といった個人信用情報が変化していないかどうかが重要です。例えば、仮審査の後にリボ払いで買い物をした場合や、クレジットカードの支払いが滞っていると住宅ローン審査に影響する場合があります。ただし、自己資金以外に資産があったり、返済を請求された理由に正当性があったりする場合、それぞれの正当性を証明するための書類を提出すれば、住宅ローン審査に有利に働くことがあります。

他の金融機関の住宅ローン審査を受ける

住宅ローン審査に落ちた場合で、自分が提出した書類や勤務先、年収などに問題がないという人は、他の金融機関の住宅ローン審査に申込む方法も有効です。金融機関ごとに、審査項目や、重要視するポイントには違いがあります。例えば、大手の金融機関は勤続年数を重要視しますが、他の金融機関では勤続年数の基準を設けていない、勤続年数が半年以上であればよいという場合もあるのです。大手金融機関の住宅ローン審査に落ちた場合には、信用金庫や地方銀行など他の金融機関の住宅ローンを検討しましょう。

若林住宅ローン無料相談所では、住宅ローン審査に落ちた方、再審査に向けた対策を行いたい方へのアドバイスを行っています。住宅ローン審査に落ちた原因、再審査の際にはどのポイントを重要視すべきなのか、住宅ローン審査通過のためのサポートをいたします。住宅ローン審査に落ちた、再審査を受けたいという方は、ぜひ若林住宅ローン無料相談所へお問い合わせください。

住宅ローンの再審査に受けるなら若林住宅ローン無料相談所へ相談!

住宅ローンの再審査に受けるなら若林住宅ローン無料相談所へ相談!

金融機関ごとの住宅ローン審査基準は公表されていないため、住宅ローン審査に落ちた理由を明確にすることは困難です。しかし、大半は書類の不備や借金などが原因として挙げられます。そのため、住宅ローン審査に落ちた理由を推測し、再審査までに問題を解消することが大切です。住宅ローンの再審査を通過できるよう、対策方法を検討しましょう。

若林住宅ローン無料相談所では、住宅ローン審査に関するご相談を承っております。住宅ローンに落ちた際の対処法、再審査を受ける際のポイントなど、住宅ローンに関する悩みや不安をお持ちの方は、ぜひ若林住宅ローン無料相談所にご相談ください。

住宅ローンが通らない方必見!住宅ローンについて解説

落ちた住宅ローン審査にお悩みなら若林住宅ローン無料相談所へ

会社名若林住宅ローン無料相談所
代表者若林 亨介
住所〒330-9501 埼玉県さいたま市大宮区桜木町2丁目3番地 大宮マルイ7階
TEL0120-339-997
営業時間10:00~19:00
定休日水曜日
設立平成25年10月
事業内容住宅ローンコンサルティング
URLhttps://www.fudousan-loan.net

ページトップへ